肌荒れを治す、肌の健康維持に効果があると言われているのが、セラミドという成分です。このセラミドは肌の水分を守る役割がある成分であり、皮膚の表面の角質層を保護し、肌の潤いを逃がさず保つ役割があります。もし、肌からセラミドが失われてしまうと、肌の水分全体の約80%が失われてしまうと言われており、肌の潤いをキープする上でセラミドというのは非常に大事なものなのです。それでは、なぜセラミドは保湿力が高いのかというと、セラミドは水と結合するとラメラ構造というものになります。このラメラ構造こそ、肌の保湿の核となるものであり、水分を挟み込み角質層の水分を閉じ込めてくれるのです。ちなみに、仮に空気中の水分(あるものに含まれている水のことです)が0%になったとしても、蒸発することなく水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)を閉じ込めたままの状態にしてくれます。また、セラミドは加齢やストレスなどによってどんどん減少していくもので、セラミドが失われすぎると肌トラブルを起こしたり、シワの原因にもなることでしょう。例えば、赤ちゃんの肌がもちもちしていてみずみずしいのは、このセラミドが豊富にあるからなのです。それに、セラミドには紫外線から肌を守る働きや、外からのほこりやダニ、細菌などの侵入を防ぐバリアの効果もあるのです。ですので、セラミドが不足していると、水分量の低下に加え、シミやそばかすができてしまったり、肌がくすんでしまったりします。さらに、外からの刺激や抗原を肌に受けやすくなってしまい、それらが侵入してしまったりすると湿疹や痒みといった肌トラブルを引き起こしてしまうのですー